建築条件つき土地と建築条件なし土地の違いとは?

耳慣れない言葉である「建築条件付き土地」「建築条件なし土地」・・・両者の違いとは?

ここではその違いについてご説明します。

建築条件付き土地

土地を買うと同時に、売主、またはあらかじめ決められた建築会社で一定期間内に家を建てる契約を結ぶことを条件
とした土地の売買方法です。

土地の売買契約後一定期間内に(3カ月が多い)建物建築請負契約を結び、(土地と建物の契約は別々)
建築請負契約が成立しなかった場合は、土地の売買契約までさかのぼって、契約が白紙に戻ります。
(手付金などの既に支払ってしまったお金はほぼ全額返却されます。)

もちろん、間取りや仕上げは自由。いわゆるフリープラン
ただしその建築会社が対応していない工法や納入出来ない材料・機器は当然出来ません。

建売住宅よりは自由度が高く、しかし、建築会社を限定されてしまうという点では、
思いのままの家が建てられるとはいえないでしょう。

もう、建てたい工法や会社が決まっている方にはおススメできません。

建築条件なし土地

こちらは上記の建築条件付き土地とは違い、建築会社をまったく指定しない状態で販売される土地です。

完全に土地のみの売買契約ですので、間取りや工法はもちろん、
お目当ての建築会社やハウスメーカーで、まさに思いのままのマイホームを建てることができます。

「土地の売買契約後一定期間内に」という制限もありませんので、
いつまでにこの会社で建てなければいけない、という制約もなく、
ご自分の好きな時に、お好みの会社で自由な間取りのお家を建てることができます。




お問い合わせ